海外FXは累進課税

海外FXは総合課税、雑所得に区分されることから、累進課税制度が適用されます。

累進課税制度とは、所得が増えるごとに税率も上昇するシステムです。
海外FXで多くの利益を得る方ほど、それに見合った税金を納めることにつながります。

累進課税制度

海外FXでの所得税は、以下の数値に基づいて計算されます。

海外FXで得た所得が195万円以下⇒税率5%、所得控除額0円
海外FXで得た所得が195万円超~330万円以下⇒税率10%、所得控除額97,500円
海外FXで得た所得が330万円超~695万円以下⇒税率20%、所得控除額427,500円
海外FXで得た所得が695万円超~900万円以下⇒税率23%、所得控除額636,000円
海外FXで得た所得が900万円超~1,800万円以下⇒税率33%、所得控除額1,536,000円
海外FXで得た所得が1,800万円超~4,000万円以下⇒税率40%、所得控除額2,796,000円
海外FXで得た所得が4,000万円超⇒税率45%、所得控除額4,796,000円

所得税と住民税の計算例

例えば、年間の海外FXからの所得が250万円だった場合、2,500,000円×10%(所得税率)-97,500円(所得控除額)=152,500円が所得税額となります。

2037年12月31日までは、復興特別所得税2.1%が加算されるため、155,702円が所得税の納税額です。

住民税は、所得の10%で算出されるため、2,500,000円×10%=250,000円となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です