海外FXは損益通算が適用されない

海外FXの所得は、総合課税制度に分類されるため、株式や不動産の譲渡所得と異なり、損益通算が適用されません。

同じFXでも、国内FX取引による所得は、申告分離課税にカテゴライズされることから、損益通算を使うことが可能です。

損益通算とは?

損益通算とは、所得に損失が発生してしまった際、利益分と相殺することができる控除のことを言います。損益通算の対象となる所得は次のとおり。

不動産所得
事業所得
譲渡所得
山林所得

国内FXの場合、申告分離課税のうち、「先物取引に係る雑所得等」に分類されます。

例えば、その年の国内FX取引にて、100万円の損失。翌年には200万円の利益が出た場合、200万円-100万円(前年度損失)=「100万円」が、課税の対象です。
損益通算が使えるのは、損失を記録した年を含めた3年間です。

海外FXは損益通算の対象外

前述したとおり、海外FXより得た所得は、総合課税として扱われるため、損益通算の対象外となっています。

その年の損失⇒100万円、翌年の利益⇒200万円の場合においても、1年ごとに税金の計算がされるため、前年度の損失と相殺できません。ご注意ください。

海外FXで課税されるのはどのタイミング?

海外FXの取引で課税対象となるのは、損益が確定した時点です。
ポジションの決済が完了していない含み益や含み損の状態に関しては、課税対象とはなりません。

そのため、年末年始が近づいた時期は、損益通算ができないことを踏まえた上で、トレードに臨むのもひとつの考え方と言えるでしょう。

また、海外FXにはXMやアキシオリー、GTIO(旧FXGT)など様々なブローカーがあります。

ブローカーが変わることで課税対象が変わることはありませんが、どの国を対象としているか?は気をつけてみておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です